健康

2015年4月29日 (水)

健康食品(煎り黒豆)

ここ1年毎日摂取するようにしているものとして、アーモンドと一緒に「煎り黒豆」を一握り分いただいています。

黒豆にはイソフラボン・アントシアニン・サポニン・レシチン・トリプトシンインヒビター・大豆オリゴ糖・炭水化物・食物繊維・カリウム・カルシウム・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ビタミンE・ビタミンK・ビタミンB1・トコフェロール・ステロール・フィチン酸・葉酸・リノール酸・α-リノレン酸などが含まれていて大変効果的な食品です。

中でも食物繊維の効果として便秘の人にはかなり効果があるようです。おいらは便秘になったことがないのでこの効果はあまり関係はないのですが・・・

黒豆は国産特に北海道産のものが売っているお店が近くにあるので毎週そこから仕入れています。

Dsc05471a_r

2015年4月26日 (日)

ウォーキング20,000歩

今日は恒例の朝のウォーキング1万歩のあと午後から深大寺まで散策に出かけ合計2万歩も歩いていました。

深大寺の自然の写真を撮りながら英気を養って明日からの仕事を頑張ります。

Dsc04062ajpg_r

Dsc04083_r

Dsc04087_r

Dsc04091_r

Dsc04095_r

Dsc04107_r

Dsc04109_r

Dsc04116_r

Dsc04117_r

Dsc04120_r

Dsc04126_r

Dsc04128_r

Dsc04136a_r

Dsc04138_r

2015年4月25日 (土)

健康食品(五分づき精米)

夕食は白米ではなく、五分づき精米を食べています。
隣がマルシェで野菜の他にお米の精米もしてくれるので、五分づき精米をしていただきています。

玄米が一番からだにいいのですが、旨みと栄養素のバランスを考えると五分づきで精米してもらうのが一番ということなので五分で精米しています。

炊飯時のお水は少々多めで炊くのがベストです。

五分づきは玄米のぬかの層を50%取り除いたお米のことで、胚芽もぬかも50%以上残っています。白米との栄養を比較してみるとビタミンEは2倍以上、ビタミンB1は4倍以上です。繊維質も約2倍含まれています。玄米より消化吸収がよく食べやすくなっています。

苦手な人は3部づきくらいから初めてみるのもいいでしょう。

続きを読む "健康食品(五分づき精米)" »

2015年4月21日 (火)

健康食品(えごまオイル)

昨年から健康のため「えごまオイル」を毎日飲んでいます。
効能は以下の通りです。

動脈硬化予防
不整脈予防
視力向上、アルツハイマー症(痴呆症)の予防
中性脂肪低減
血中コレステロール低減
血圧低下
精神安定
記憶学習能力向上
抗アレルギー、抗炎症
抗腫瘍作用 n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸の摂取比率改善で『ガンの予防』

先月から通販で品切れが続いていておかしいなと思っていたら、どこかの番組でかなり宣伝していて世の中の健康ブームに乗って買占めが入っているとのことです。

うちは夫婦で昨年から、息子が一昨年から購入を続けているのでちょっと迷惑かな?

Fullsizerender_r

2014年2月23日 (日)

マットレス購入

かれこれ8年ほどトゥルースリーパーという低反発マットレスを使っていたのですが、購入した当時や若いころはかなり助かっていたのですが、最近では起床してから肩や首が痛くなってきたので、ここはマットレスを交換する頃かな?

ということで、いろいろ調べてみたのですが、雲のやすらぎというマットレスが評判が良かったので高いのですが、購入してみました。

Dsc03543a_r

かなり重いので運ぶのが結構大変でした。

Dsc03545_r

実際に敷いてみるとやはり厚さがかなりあります。

Dsc03547_r

そのため、これ一枚で十分です。

実際に寝てみると高反発と低反発の間くらいの状態です(個人の感想)。
寝た感じはちょっと浮いているような感じがします。

しばらく使ってみると起きた時の肩の痛みは今のところないようです。

布団は実際に個人の体系や状態にもよるのでどれがいいというのは難しいですが、おいらにはフィットしたようです。

2014年1月13日 (月)

ウイルス性胃腸炎

せっかくの三連休でしたが、初日にウイルス性胃腸炎にかかってしまい、最悪の三連休となってしまいました。

症状は初日が下痢と発熱、筋肉痛で、2日目からは下痢のみとなったのですが、どこにも出かけられずつまらない連休になってしまいました。

明日からは仕事なので暖かくして早くねましょう。

2013年8月29日 (木)

ポリープの生検結果

先日切ったポリープの結果を聞いてきました。
最初の検査での結果と同様の若年性ポリープで心配ないとのことでした。

とはいえ、2年ごとくらいには内視鏡検査はやることにしましょう。

うちは癌を患う家系のようですので、年齢的にもいろいろと気を使っても損はないと思います。

2013年8月17日 (土)

大腸ポリープ切除

人間ドックで便潜血があったため、念のため大腸内視鏡検査を受けたのですが、数ミリのポリープと10mmくらいのポリープがありました。

念のため組織を生検に出してもらいましたが、良性のもので問題はないのですが、数年後大腸がんになる可能性もあるので切除した方がよいというアドバイスをいただきました。

家から近い赤十字病院への紹介状を書いていただき、本日無事切除してきました。

手術自体は30分程度で終了でした。前回見つかった数ミリのポリープは生検で組織を取った時に切除されて無くなっていたので、大きいのをひとつだけ切除いたしました。

これも生検に出すとのことですが、前回良性でしたのでたぶん問題ないかと思います。

ただ、自分の母親を大腸がんで亡くしていることもあり、完全に安心というわけではないので、数年後再度検査は必要かと思います。

数年前までは2・3泊もしくは1泊の入院が必要だった大腸ポリープの切除は今はほとんどが日帰りとなり、患者への体の負担、経済的負担を軽減させてくれるようになったようです。

今回の一連の治療のなかで一番つらかったのは当日手術前に飲む下剤のニフレックを2ℓも飲まなければならないことです。

飲んでいるうちに気持ちが悪くなったら中止して医師の指示を仰げとのことですが、普通にこんなものを2ℓも飲んだら気持ち悪くなりますよね。

この気持ち悪さと戦いなんとか飲み終わりましたが、実際の検査よりも苦痛でした(笑)

2013年4月 7日 (日)

ピロリ菌検査

ピロリ菌がおよぼす病気などがテレビなどで紹介されていて心配はしていたのですが、人間ドックで簡単に検査できるということで、今年はピロリ菌検査を加えてみました。
田舎暮らしのおいらたちは子供の頃井戸水を飲んだり、山の湧水などを飲んでいたので、ピロリ菌感染の可能性もあって少々心配していたのですが、結果は夫婦ともにA判定で一安心です。
ピロリ菌は除菌もできるということなので、35歳以上なら是非一度検査を受けることをおすすめいたします。

どうしても検査がむずかしいのであれば、実は自宅でも簡単に検査できるキットが販売されています。
それを使うのもいいかもしれません。

2012年11月11日 (日)

冬はお風呂ですね

先週は北海道出張でしたが、自宅があるので宿泊代はもちろん出ませんので夜はマンションへの戻ったのですが、うちのマンションは頑丈に作られているせいか冬でも居間は朝起きても20度はあります。北側の部屋でも15度くらいは保っています。
もちろんお風呂場も暖かくで東京の居間のマンションよりはずっと快適です。
東京のマンションのお風呂はすぐにお湯の温度が下がってしまうのですが、追い焚きができないのでどうにかならないかといろいろと探していたのですが、ようやく満足できるものを見つけることができました。

Furo01
スーパー風呂バンス1000という製品で保温はもちろん水から沸かすこともできるすぐれものです。
電気代もガスを利用するよりも安いというデータもあります。
翌日の朝の残り湯であればぬるま湯程度の温度なのでこれを入れて1時間もすると熱いお湯にはいれます。

ひさびさにヒットでした。

より以前の記事一覧

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ