経済・政治・国際

2015年4月28日 (火)

あてにならない平均貯蓄額や平均年収

テレビや雑誌などで、サラリーマン家庭の平均貯蓄額や平均年収、主婦の平均へそくり額を示すことがよくあるかと思います。

この数値をみて??となるかたもいるかと思います。

この数値に騙されて、うちは少ない、多いと踊らされてはいないでしょうか。

年収の平均値などまったくあてにならないケースもあります。

たとえば100名にアンケートをとって、99人が300万円で1人が5億円だとすると平均年収は797万円になってしまいます。

これではほとんどの人がこんなにもらっていないとなりますよね。どうしたら世間との比較ができるかというと中央値をとる方法が推奨できます。

上記の数値から中央値をとると300万円となります。まだ現実的な数値ですよね。
もちろん中央値をとるにしても母数は多ければ多いほど現実的な数値をあらわすようになります。

最近はいろいろな機関で中央値も含めて数値を出してくれるところがあるので、その数値で比べてみてはいかがでしょうか。

平均貯蓄額 中央値で検索するといろいろな調査機関のデータが出てくるかと思います。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

ウェブページ

無料ブログはココログ